脂肪溶解注射の特徴を知る

メスを使わず短時間で完了する

脂肪溶解注射とは、脂肪細胞を溶解する作用のある薬剤を皮下脂肪に注射し、溶かした脂肪細胞を体外へ排出させ痩身を実現する施術です。メスは使用せず、注射だけの簡単な施術なので、施術時間も10分から15分と短いのが特徴です。皮下脂肪があればどの部位にも注射できるのも魅力です。一般的なダイエットでは、痩せた状態というのは脂肪が収縮した状態で、リバウンドは再び脂肪細胞が膨張することにより起こります。脂肪溶解注射では脂肪細胞自体を体内から排除するため、リバウンドの心配がありません。安全に、効率的に痩せられるのが最大の特徴となっています。施術は、2週間に1度のペースで3回から5回受けると、脂肪吸引の約50%ほどの効果が現れます。

安心して受けられる施術

脂肪溶解注射に使用されている薬剤は、大豆成分のレシチンが使用されているのが一般的で、高血圧や脂肪肝の治療にも使用されている医薬品です。そのため、脂肪溶解注射をした後は血液やリンパの流れも改善し、脂肪がつきにくくなるのも特徴です。
脂肪溶解注射のみでも痩身効果は実感できますが、筋トレと組み合わせるとより高い効果を実感できるでしょう。また、脂肪細胞を素早く体外に排出するにはリンパの流れをよくすることも大事なので、水分をたくさん摂取したり、マッサージをしたりするのも効果があります。
脂肪はもちろん、除去するのが難しいセルライトも改善でき、ダウンタイムも必要なく仕事を休まずに受けられる痩身施術として人気です。

© Copyright To Remove Fat. All Rights Reserved.